【2018年版】夏の帰省コーデを考える。

今年も、この季節になりましたね。

毎年、帰省コーデの記事を書いているので、2018年バージョンも書いてみようと思います。

去年、一昨年の記事はこちら

スポンサーリンク

帰省中の予定

今年は、2泊3日の予定です。

帰省の日数は短いですが、途中、恐竜博物館に連れて行ってもらえることになったので楽しみです☆

娘は言わずもがななんですが、私もけっこう期待しています。

骨格の標本だけでなく、リアルなジオラマもいるみたいなのでワクワク。

ジュラシック・ワールド/炎の王国見て予習して行こうかなー。

今回の帰省では、移動が多いですし、最優先は”着ていてラクな服”ですね。

ラクだけど、カジュアルに見えすぎない服を意識して考えてみました。

2泊3日の帰省コーデ

今回は、夏の2泊3日なので、服の着まわしは考えません。

ただ、今年も小物は、同じもので固定です。

白小物セット

夏には一番使える、白小物セット。

帰省コーデ

1日目

ブラウンワンピース コーデ

ワンピース:Rouge vif

バッグ:BARNYARDSTORM

バングル:BARNYARDSTORM

サンダル:COLE HAAN

今年、一番たくさん着ているコーデです。

なんといっても、この服が一番ラクなんです。

ワンピースだから涼しいし、ロング丈でもスリットが入っているので動きやすくて着心地は抜群です。

パールのピアスを足して、小物を全部白にすることで、普段よりもキレイめに、おでかけっぽく着ようと思います。

2日目

ベージュ×ホワイト コーデ

トップス:WRAPINKNOT

パンツ:STUDIOUS

バッグ:BARNYARDSTORM

サンダル:COLE HAAN

白色の中に、カーキ色のパンツをなじませて、爽やかになるように意識しました。

ピアスも、さりげなくカーキで色を合わせてみました。

カーキ色のピアス

このカーキ色のパンツは、リネンっぽい素材でさらさらしていて涼しく、さらに皺にもなりにくいので、こちらも履いていてラクです。

30代になってから、ノースリーブが好きになりました。

変に袖で隠そうとするよりも、潔く出したほうが腕がスッキリ見える気がします(当社比)。

このニットのノースリーブは、写真では見えませんが後ろ部分がプリーツになっていて可愛いです。

3日目

グレー コーデ

トップス:FREE’S SHOP

スカート:WRAPINKNOT

バッグ:BARNYARDSTORM

サンダル:COLE HAAN

”ロゴTを大人っぽく着る”がテーマです。

このプリーツスカートはニットでできているので、広がらずストンとしたシルエットになってお気に入りです。

こちらも、足さばきがラクチンです。

まとめ

とにかく移動中もラクな服ということで2泊3日のコーデを考えてみました。

全部、持って行っても荷物はこれくらい。

帰省コーデ

実際に着ていく服の分もあるので、これより減るし、荷物の量としても合格かなーと思います。

では、またー☆