着る服がない!と悩むアラサーにおすすめのファッション本2冊☆

  • 『今まで着ていた服が似合わない』

  • 『ライフスタイルが変わって、服装も変えなきゃいけないけど、何を着ていいかわからない』

  • 『流行りなく着れるシンプルな服を揃えたいけど、どんなものを選んだらいいのかわからない』

これ、20代の終盤から30代前半までの間に、世の中の女性の多くがぶち当たる問題だと思うんです。

俗に言うファッション迷子と言う状態。

かく言う私も、絶賛迷子中でして、ファッションに関する本や雑誌を参考にして日々模索しているところです。

それでスタイリスト本、スタイルブック等、過去にいろいろ買ったんですけど、今日はその中でも『これは参考になったぞ!』という本を紹介しようと思います。

My Basic Note 「ふつうの服でおしゃれな感じ」のつくり方 Oggiエディター三尋木奈保

pic

モデルさんのライフスタイル本やスタイリストさんのコーデ本など、買って眺めては素敵だなーと思うのですが、自分自身の普段のファッションの参考になるかと聞かれたら微妙で…。

今まで、もっぱらスタイルブックは目の保養のためのものになっていたのですが、この三尋木さんの本は違いました。

目の保養になるのに、真似出来そうと言うか、他の本では真似したくても分からなかった部分が、丁寧に説明されているので真似できるかも!と言った感じです。

具体的に言うと、アクセサリーの使い方、組み合わせ方が何パターンも載っていますし、小物の選び方なんかも詳しく載っています。

ふつうの服でおしゃれな感じをつくるには、一見脇役とも思えるインナーや小物がモノをいうんだなぁ?と気づかせてくれた1冊です。

三尋木さんが愛用しているJUICYROCKのアクセサリーは、実際買ってみて良かったので私も少しずつ集めています☆

image

(全部、JUICYROCKのものです。2000円~5000円くらいで買える商品が多いのでついつい集めたくなります)

載っている洋服は普通の主婦にとっては、割とお高めかもしれません。(私にとってはかなりお高めです…)

ですがその分、質が良いのが分かるし、長く愛用していらっしゃるのが分かるので、いつか着てみたいなー??
と、頑張るモチベーションになるような本ですね。

あと今、裏を見てビックリしたのですが、この本2013年の12月に発売されたんですね。2年半も前の本なのに、全然古臭く見えないのはスゴイです。

やっぱり、質の良いベーシックなものは長く着れるんですね。

こんな人にオススメ!

全体的に、嫌みのない上品でキレイめなコーデなので、お仕事をしている方に特におすすめです。

ニュアンスカラーのコーデも多いので、女性らしいコーデが好きな方にもハマると思います。

毎朝、服に迷わない      スタイリスト山本あきこ

pic2

先月発売されたばかりで、今年のトレンドも盛り込まれていて旬な1冊です。

この本のコーデもキレイめをミックスした感じですが、三尋木さんの本よりも、カジュアルでカッコいい感じになっています。
21のアイテムがあれば無限にコーデが生まれる。ということで、どんなアイテムを選べば良いか具体的に、かつ詳細に書いてあります。

そのほか、ファッションの小ワザと言うかオシャレに見せるテクニックが、これでもかー!!と書かれています。

以下、目次の一部なんですけど、こんな感じで詳細に書いてあるので、『私でも、すぐにそのまま真似できるかも??』と思わせてくれます。

*ボーダーは、小物に白か黒を入れるとなぜだかおしゃれに見える

*靴を主役にしたいときはテーパード

*柄を取り入れるならAラインスカート

*白シャツは「カジュアル」か「色もの」をミックスして着る

*毎日使うバッグは、スモーキーカラーで角が丸いもの

今まで、オシャレな人の『センス』で片付けられていた部分が、理論的に解説してあるので、とてもわかりやすいです。

あと、プチプラブランドの解説も付いているので、どのアイテムをどこのブランドで買えばコスパがいいか分かりますよ。

こんな感じで、盛りだくさんの内容なんですが、唯一残念なのは真冬のアウターは載っていない事ですね…。

アウターはパーカーやGジャンだけなので春、夏、秋の3シーズンのコーデです。

特に、春・夏が多い印象でした。

なので今後、冬のコーデが載っている続編がでるのを期待します!

こんな人にオススメ!

カジュアルで、スカートなども少し辛口に合わせるコーデが多いので、女性ウケがいいと思います!(著者も、女性ウケを一番に考えると書いています)

なので小さい子がいるママとか、幼稚園ママとか、女性が多くいるなかでさりげなくオシャレに見せたい!っていう人におすすめです。

今日はこんな感じで、おすすめ本の紹介でした!

では、またー☆