ユニクロのライダースコーデと、黒レザーのライダースが似合わない理由の考察☆

こんにちはー☆

ここのところ、天気も良くないし、半袖一枚で出かけると寒かったり不安なので、秋アウター+半袖というスタイルで過ごしています。

今日は、娘が幼稚園に行っている間に出かけたのでヒールを履きました☆

スポンサーリンク

ユニクロのライダース 肩かけコーデ

ユニクロ ライダース 肩かけ コーデ

このユニクロのライダースは、去年購入したものです。

今年も、スエード調の同じカラーのものが出ていますねー。

ユニクロオンラインストア*スウェードタッチライダースジャケット

黒でレザーの”ザ・ライダースジャケット”っていうのが得意じゃないので、スエード調のものが定番化してくれているのは嬉しいです。

なぜ、黒レザーのライダースが似合わないのか

で、なんで私は黒レザーのライダースが似合わないのだろう?と素人なりに分析してみることにしました。

その時、思い出したのが、パーソナルカラーを診断してもらった時、教えてもらった知識です。

色が似合わない

まず、”ザ・ライダース”の、これが私の苦手カラーなんですね。

パーソナルカラーで言うと、黒は、ブルーベースのウィンターに分類されますが、私のパーソナルカラーは、イエローベースのオータム。

オータムは、黒よりも茶系の色が馴染むタイプです。

実際に診断の時に、イエローベースのオータムが似合うカラーのドレープをあててもらうと、肌はするっと滑らかに、髪の毛はパサパサ感が落ち着いて、イイ感じにエアリーに見えたんですよね。

でも、似合わないブルーベースの黒のドレープを顔の下に当ててもらった時は、目の下や首に暗い影ができました。

一気に顔色が悪く、具合が悪そうな人になりました。

それはそれは、素人目にもハッキリと違いが分かるくらいでしたよ…。

色だけで、こんなに印象が変わるんだなーとびっくりした経験でした。

パーソナルカラーは、簡易的に自己判断できるサイトも色々あるので、調べてみると面白いです☆

ただ、客観的に自分を見るのって難しいので、アナリストさんに調べてもらうと、新たな発見があり、また理解が深まりますよ!

私がパーソナルカラー診断を受けた感想記事は、こちら

質感が似合わない

そんな感じで、ライダースが似合わないのは、自分のパーソナルカラー的に、黒が似合わないのが原因だなと思ったのですが、実はもう一つ、似合わない原因があったんです。

それは、質感です。

質感の違いというのは、自分の瞳や肌や、髪の毛が、艶があってキラキラしているタイプなのか、それともマットでなめらかなタイプなのかという違いです。

艶があってキラキラしているタイプは、華があるので、身につける色も、鮮やか、ビビッドな色のほうが馴染みます。

マットでなめらかなタイプは、柔らかい雰囲気があるため、身につける色もソフトな色の方が馴染みます。

診断の時に、こんな風に教えてもらったんです。

パーソナルカラーを見てもらった時の話なので、どんな色が馴染むかという話に行き着くんですが、これは、そのまま、服の素材感・質感にも当てはまると思うんですよね。

艶があってキラキラしているタイプは、艶がある素材、例えば、艶のあるレザーだったり、キラキラのラメの素材も馴染むでしょうし、

マットでなめらかなタイプは、艶のないマットな素材、スエード素材の方が馴染むんだと思います。

私の場合、黒目の輪郭もぼやっと曖昧ですし、肌・髪の毛も艶が出ないマットな感じなので、典型的なマットでなめらかなタイプです。

ということで、やっぱりレザーでツヤツヤした素材だと自分の雰囲気に合わず、違和感が出ます。

この違和感・調和してない感が似合わない原因なんだなぁと感じました。

似合うライダースのタイプ分析

ということで、私が勝手に、分析した結果、

瞳、肌、髪の毛がツヤツヤでキラキラなタイプレザーのライダース

瞳、肌、髪の毛がマットでソフトなタイプスエードのライダース

が似合うのではないか?という結論に至りました。

色味は、それぞれの顔映りを見て、似合うものを選ぶという感じでしょうか?

元リケジョなもので、こういう分析とかしだしちゃうと長く語ってしまいますね(汗)

では、またー☆