冬のおしゃれの予算配分とプチプラニットを高見えさせるひと手間☆

わたくし、ファッションが大好きです?

しかし、残念ながら子持ちのパート主婦ゆえに、そこまでお金をかけることができません。

そして、全身プチプラで考えなしにコーデしていたのでは粗が目立ってくる微妙なお年頃…

ということで 、予算を抑えつつも品が良く高そうに見える『コスパの良いオシャレ』を目指して研究中です。

スポンサーリンク

どこにお金をかけるのか

セール戦略の記事にも書いたのですが、お金をかけるアイテムは、冬だとコートとブーツ、バッグ、ストールなどの小物です。

ここが質のいいものだと、きちんとした印象になります。

たとえカジュアルなコーデだったとしても、若作りとか子供っぽく見えることなく大人の落ち着いた雰囲気を出せます。

特にコートは面積も大きいので印象を左右します。

一見、同じようなデザインでもプチプラだとシルエットがイマイチだったり、ポケットやボタンなどがチープだったり、値段の差がわかりやすいです。

なので、コートを買う場合は、プチプラの名品を見つけることに労力を使うよりも、予算配分を多くし、ある程度のブランドで探した方が賢明です。

and GIRL(アンドガール) 2017年 02 月号 [雑誌]

and GIRL2月号の特集 偏差値40からのスパルタオシャレ塾でも、『予算は散らさず一点集中』『予算を使うのはかっちりしたアウター』って書いてありましたし、間違いないです!

(フツーの母ちゃんの私が言うのでなく、一流スタイリストさんが言ってるので真実ですよ☆)

プチプラでいいアイテム

逆に、プチプラブランドでも全然OKだと思うのがニットです。

私の場合、

  • チクチクゴワゴワしないか
  • 袖や襟がすぐ伸びそうではないか
  • 毛羽立ち、毛玉がすぐできそうではないか

ここがクリアできればOKと判断しています。

プチプラニットのデメリット

しかし、プチプラニットはほとんどがアクリルなどの合成繊維でできています。

合成繊維は、毛羽立ち・毛玉が出来やすい、出来た毛玉がガッチリ絡んで取れにくいというデメリットがあるんですよね…。

安いニットを買ったけど、すぐに毛玉だらけになって結局数回しか着れなかった…とかショック過ぎるので、それは避けたいところです。

合成繊維のプチプラニットでも新品の状態を保つ方法

合成繊維は、毛玉が出来やすいデメリットがありますが、お手入れをする事で毛玉をできにくくすることは可能です。

また、できた毛玉は毛玉クリーナーで処理する事でいい状態を長く保つ事ができます!

毛玉対策アイテム☆その1  洋服ブラシ

洋服ブラシをかける事で、繊維の絡まりが取れるので毛玉ができにくくなります。

同様に毛羽立ちもなくなります!

馬毛のブラシが良いと聞いたので、私はこれを使っています。


KENT 静電除去服ブラシ ミディアムサイズ KNC-3422

ブラシに3000円…って最初思いましたが、ずっと使えるものだし夫のスーツやコートにも使えるので買って良かったと思っています!

ブラシをかける前と後では、生地の滑らかさが違いますよ。

毛玉対策アイテム☆その2  毛玉クリーナー

電池式のクリーナーもありますが、コンセント式の方がパワーも落ちないので使いやすいです。

うちでは、これを使っています。


テスコム 毛玉取り器 グレー KD778-H
娘のアクリル100%のニットが、毛羽立ちと毛玉でビンボーくさくなっていたので、クリーナーをかけました。

image

毛玉クリーナーをかけると…

毛玉クリーナー ビフォー アフター

こんな感じで、新品の状態に近くなりました!

これでまた着せられます☆

まとめ

冬のおしゃれは…

  • コートに予算をかけて、ニットはプチプラでよい
  • プチプラニットでも、お手入れすることで新品のきれいな状態を保つことができる
  • 毛羽立ち、毛玉のない、きれいなニットは高くみえる

という結論に達しました☆

ではでは、またー☆